公益財団法人 LIXIL住生活財団 募集要項

1.助成対象となる研究

(1) 住宅・建材産業に関する調査及び研究に対する助成
(2) 住宅・建材産業に関する人材育成に対する助成

2.研究者登録 および 助成申請書提出期間

研究者登録は、随時。提出期間は、2017年4月1日~2017年6月30日

3.申請書の提出方法

インターネット回線を利用し当財団のホームページからアップロードを行なう。

4.助成金額

1)住宅・建材に関する調査及び研究 :最大200万円
2)住宅・建材に関する若手研究者の育成
  年齢制限:助成申請年度 4月1日時点で35歳未満であること。
  ①若手研究者 :最大50万円
   国内の大学、大学院、高専及びこれに準ずる研究機関に所属し、
   調査研究を行っている研究員、ポストドクター、助教。
  ②学生 :30万円
   国内の大学院 博士後期課程に所属し、調査研究を行っている方。

5.研究期間と提出期限について

研究期間は原則として2017年12月1日~2018年12月31日の1年間とします。
提出期限は2019年1月末とします。

6.応募資格

・応募する研究者が研究計画の推進に責任を持ち、助成金の管理及び助成期間満了後の報告を確実に行えることを条件とします。
・採択決定後に所属機関の長の承諾書を提出していただきますので、
 申請にあたり承諾を得てください。
 (所属機関の長の例:大学の場合・・・学長・学科長・学部長)  個々の所属機関の応募者数に上限はありません。
・応募する研究者は、本年度当財団の研究助成に重複して応募は出来ません。
 ※なお、他の申請者の共同研究者として名前が記されることは問題ありません。

7.助成対象となる費用


大学の事務経費、間接経費(オーバーヘッド)は認めません。

8.助成の対象とならない研究

営利目的、または営利につながる可能性の大きい研究
他の機関からの委託研究
実質的に完了している研究

9.助成対象者の義務と研究報告書について

助成期間満了後に研究の経過・成果、及び会計に関する報告を提出して頂きます。
研究の経過・成果はLIXIL住生活財団のホームページで公開します。
研究成果を発表する場合には、当財団の助成を受けたことを明示して頂きます。
特にすぐれた成果については、研究助成成果発表会において発表をお願いする場合があります。
・書式 研究報告書 A4 3枚程度(研究概要、背景、ねらい・目的、方法、成果を記載すること)
 記入・印字 (パソコンを使用の場合、フォントの大きさは10.5ポイントまたは11ポイント、行間18ポイント)
 は黒字にてお願いします。

10.選考手続

当財団の選考委員会にて選考のうえ、理事会にて決定し、2017年11月上旬に採否をメールにて、各申請者に通知します。
なお、採否の告知は、申請者宛のメールのみとなります。
異動のあった場合は、当財団のホームページから登録データを修正してください。なお採否の理由についてのご照会には回答致しかねますのでご了承下さい。


11.助成金の交付時期

助成金は、助成決定者との契約等を締結後、交付に必要な書類が整い次第、贈呈いたします。

12.応募手順

(ア) ホームページからの申請
当財団の研究者登録および各種助成申請の手続きは、Internet Explorer ver.7以降及びSafari ver.5 以降にて動作確認を行っております。予めご了承下さい。
① ホームページ(https://system.lixiljsfound.or.jp/)より研究者登録を行いIDとパスワードを取得して下さい。
  この手続きで取得したIDとパスワードは、助成申請採択時または、次年度以降の助成申請に利用しますので、
  大切に保管して下さい。
② ①の手順で取得したIDとパスワードを利用し、研究者専用ページにログイン後、「各種助成申請受付」より希望する
  助成申請に登録して下さい。
③ ②の手続きが完了後、「助成申請書」をメールにて送信します。

(イ) 助成申請書の作成と提出
① 「助成申請書」Word形式にて送信致します。
② 「助成申請書」の必要な項目にご入力・ご記入後、提出用PDFファイルを作成して下さい。
③ 研究者専用ページにログインし、作成した「助成申請書」提出用PDFファイルをアップロードにより提出して下さい。
  注)応募締切直前は受付が混雑し、連絡に時間がかかることが想定されますので、データ送信はできるだけ早めに行うよう
  お願いします。
④ 所属機関の承諾が取れることを確認した上で、データを送信してください。
  注)締切は6月30日24:00までとします。 その間の書き込み内容は変更できます。

(ウ) 助成申請確認書の確認
① 「助成申請書」を提出後、確認用書類「助成申請確認書」をメール送信致します。
② 「助成申請確認書」の内容に変更・修正がある場合は、当財団ホームページ研究者専用ページより行って下さい。

(エ) 申請時の注意点
① 助成申請内容の変更は、6月30日まで研究者専用ページより可能です。
② 研究活動に従事する大学院後期課程在籍者およびポスドクは、指導教官の推薦があれば申請可能です。採択決定後に指導教官
  の推薦状を提出していただきます。
③ 不備がある場合、受付できませんので必ず募集要項をご覧の上、申請書を作成してください。

13.個人情報の取り扱いについて

・研究者登録画面・助成申請画面、申請書提出時において取得した個人情報を、助成者選考、および選考後の円滑な運営以外の
 目的のために利用しないものとします。
 但し、以下の場合はこの限りではないものとします。

(1)研究者登録者・助成者・助成希望者から個人情報の利用に関する同意を求めるための電子メールを送付する場合
(2)研究者登録者・助成者・助成希望者の同意を得た場合

・個人情報の第三者への開示・提供
 当財団は、以下の場合を除き、助成者・助成希望者の個人情報を第三者に開示・提供することはありません。

(1)研究者登録者・助成者・助成希望者から個人情報の利用に関する同意を求めるための電子メールを送付する場合
(2)研究者登録者・助成者・助成希望者の同意を得た場合
(3)研究者登録者・助成者・助成希望者から予め同意をいただいている場合
(4)公共の利益の保護又は公権力により開示を求められ、法的に開示を拒めない場合
(5)研究者登録者・助成者・助成希望者及びその他の個人の生命、身体又は財産等に対する差し迫った危険に対処するため、
   やむを得ず利用する場合
(6)研究者登録者・助成者・助成希望者の行った行為により、損害を被った又はその恐れがあると主張する第三者から要請が
   あり、相当の理由があると当財団が判断した場合
(7)当財団の業務委託先が、当財団に代わりアフターサービスなどの個別の役務を提供するために必要がある場合


14.お問い合わせ先

公益財団法人 LIXIL住生活財団 事務局
東京都江東区大島2-1-1
電話 03-5626-1008